こんな時にご相談ください

HOME >> こんな時にご相談ください

私たちに相談してこられる方から、よくこんな言葉を耳にします。
「どの状況から相談すればよいのかわからなかった」
「こんな場合でも弁護士に相談してよいの?」
実際には、ご相談いただくタイミングにより対応する内容は異なり、ご相談いただく内容もユーザー様によって異なりますが、事故に遭われたら症状固定、治療完了前のご相談をお勧めしています。

保険会社からの交渉がスタートした時点

交通事故に遭い保険会社が「全てお任せください」と言ってきている。

相手方の保険会社というのは「加害者である相手の代わりに、相手が契約している保険契約に従って賠償の対応をする」ことが仕事です。
そのため立場としては、顧客である加害者の味方として行動することになります。
保険会社が不当に悪いことをしているということはなく、あくまでも立場の問題として、相手の保険会社が全面的に被害者側の味方になって親身に対応してくれるということはありません。
そういった意味では、第三者の立場から状況を見極められる、信頼できる存在に相談することが望まれます。

POINT  保険会社のいうがままでことを進めていってしまうと、後々後悔することがあります!

治療の打ち切りを持ちかけられた場面

まだ治療を続けたいのに保険会社から打ち切ると言われた。

相手の保険会社は、保険会社の内部基準に従って「ある病状であればこのくらいの期間で治療は十分である」という見解をもっています。
これは特に対応に問題がある訳でなく、どの保険会社も独自の基準を持って対応しているにすぎません。そのため、この期間を過ぎると治療費の支払いを打ち切ると連絡が入ります。
打ち切られた治療費を再び保険会社に支払わせるのは困難ですが、打ち切りが不当だと判断できるケースでは、後の交渉や裁判などできちんと追加の治療費分をもらえるケースもありえます。
また別の手続きによって治療費が賄えるかどうか検討することも可能です。

POINT  治療の打ち切り後の治療費を後々請求することができる場合もあります。

示談金の提示を受けた場面

まだ治療を続けたいのに保険会社から打ち切ると言われた。

相手の保険会社は、加害者の味方として行動する立場にあります。
また、保険会社も会社である以上利益の追求が求められる立場です。そのため、相手の保険会社から提案される賠償金額が、被害者が納得できるほど高額になることは、なかなか考えづらいのです。

もっとも賠償金額が比較的低額のケースであれば、強制加入保険である自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)でかなりカバーされる可能性があるため、相手の保険会社からの提示額が比較的多くなります。
こうした相手の保険会社からの提示額が、妥当な賠償見込額とどのくらい差があるのか?といったことは、そう簡単にわかるものではありません。金額に納得がいかない場合、もしくはそうでなくとも一度は弁護士にご相談してはいかがでしょうか?

POINT  保険会社の提示額はあくまでも会社ごとの基準なので、低く設定されていることが多々あります。

後遺症認定の結果に不満がある場合

自分では後遺症だと思っているが後遺症認定されなかった場合。

後遺症の認定は損害保険料率算出機構という機関が行うのですが、その認定内容に納得がいかない場合には、異議を申し立てることが可能です。
手続自体は弁護士に依頼しなくてもご本人が申し立てることができますが、後遺症の認定には一定の基準があり、その基準に該当するか否か、資料などを基に判断することになります。こういった過去の資料の調査には一定の知識を持った上で対応しなければなりません。ですから、後遺症の認定に関しても一度は弁護士にご相談することをお勧めします。

POINT  後遺障害の異議申し立てを個人で行うことはとても困難です、ご相談ください。

賠償金の増額を求めている場合

相手の保険会社に賠償金の増額を求めているが聞いてもらえない

示談金が上がる理由」ページでも述べましたが、保険会社にはそれぞれ独自の内部基準があります。どのくらいのけがの程度だったのかはもちろんのこと、休業損害を認めるかどうかは事故前の仕事の内容にもよります。
こうした基準は、保険会社によって違いますので、どんなケースでどんな基準によって対応されることになるかは、一概にはいえません。
賠償金の提示額に納得がいかない場合、早期解決のために金額を譲歩してもよいと考えるか、それとも多少の費用や時間をかけてでも裁判手続を選択して十分な賠償を得ることにするか判断しなければなりません。
しかし一般の方がその判断を行うことは非常に難しいと思われます。まずは弁護士に相談し、状況を整理してみてはいかがでしょうか?

早期解決を目指すか?納得いくまで交渉するか?判断することが大切です。

症状別事例紹介

  • 脊柱・体幹骨の後遺障害
  • 肩、腕、手、指(上肢)の後遺障害
  • 下肢・足指の後遺障害
  • 傷跡(醜状)の後遺障害
  • 胸腹部臓器の後遺障害
  • その他(目、鼻、口等、神経、...)
法律事務所 Astia
相談フォーム
当社のサポート範囲

当サービスは他の交通事故への弁護士サービスに比べてきめ細かなサービスを心がけています。 後遺障害相談所の等級が決定する前の段階 からご相談いただけます。 病院への付き添いも行います。

詳しくはこちら
お客様からの声!
詳しくはこちら