症状別事例紹介 [脊柱・体幹骨の後遺障害]

HOME >> 症状別事例紹介 >> 脊柱・体幹骨の後遺障害 >> 第1腰椎椎体骨折等

一覧へ戻る

第1腰椎椎体骨折等

女性:60代
職業:主婦
傷病名:第1腰椎椎体骨折、外傷性頚部症候群

事故状況:被害者は自転車で信号の無い交差点の横断歩道を横断中、自動車に側面から衝突されて転倒。横断歩道上のため過失割合10%で処理。

8級 8級
\9,378,418 \15,922,690
保険会社から既に賠償の提案が出ていたところ、後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益について裁判基準を基準に交渉して裁判基準に準じた示談金額を獲得することができました。
腰椎部の変形障害については、「脊柱に中程度の変形を残すもの」として、別表第二第8級が認定。

当事務所の対応

・示談交渉
・紛争処理センターへの申立

解決

示談交渉の結果、保険会社からは納得のいく回答を得ることができなかったため紛争処理センターへ申立。最終的に600万円以上増額の支払金額1592万2690円で解決。

主な争点としては、後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益の2点であったが、特に後遺障害認定を受けた部分が腰椎の変形障害のみであったため、逸失利益の有無が大きな争点となりました。
当然ながら損保の提示では両者を併せて819万円の金額提示(実質的に逸失利益は0査定)であったため、交渉に及ぶも納得のいく回答を得ることはできませんでした。

そのため、任意の交渉は断念し、管轄地である福岡の紛争処理センターへ申立を行いました(依頼者の希望により訴訟は避けるようにとの要望があったため)。
そして、調査事務所の判断では変形障害ではあるが、実際には神経症上も含まれることや主婦としての家事労働に制限が出ていること等を主張・立証し、賃金センサス及び赤本基準に基づいた金額を算定するよう手続き内で交渉を行いました。

結果的には逸失利益で812万8987円、後遺障害慰謝料で747万0000と赤本基準に準じた金額までの譲歩を勝ち取り、概ね主張どおりの内容で和解による解決を得ることができました。

当事務所が受任してから約半年で解決に至った事案です。
一覧へ戻る

症状別事例紹介

  • 脊柱・体幹骨の後遺障害
  • 肩、腕、手、指(上肢)の後遺障害
  • 下肢・足指の後遺障害
  • 傷跡(醜状)の後遺障害
  • 胸腹部臓器の後遺障害
  • その他(目、鼻、口等、神経、...)
法律事務所 Astia
相談フォーム
当社のサポート範囲

当サービスは他の交通事故への弁護士サービスに比べてきめ細かなサービスを心がけています。後遺障害相談所の等級が決定する前の段階からご相談いただけます。後遺障害診断書取得の際の病院への付き添いもご希望があれば対応可能です。

詳しくはこちら
お客様からの声!
詳しくはこちら